京の夏③



京町家案内人です。



8月16日夜・・・


京都の夏の終わりを告げる最後の行事「五山の送り火」が行われました。



京都市内を囲む山々に、「大文字」「妙法」「左大文字」「船形」「鳥居形」と火の文字がともされてゆきます。



この「五山の送り火」は、お盆の精霊を送る京都の伝統行事で、京都の夏の終わりを告げる行事でもあります。


ただここで本日、皆さんにご紹介したいのは、この全国でも有名な京都の行事の一つ「五山の送り火」と同じ日に、嵐山で行われるもう一つの行事です。

それは・・・


「嵐山 灯篭流し」です。
戦没者の精霊供養のため行われるようになったこの「灯篭流し」。
こちらも、京都の夏の終わりを告げる行事です。

a0140224_145984.jpg



この二つの行事が終わると、京都の人たちは「もう、夏も終わりやなあ」と言い、季節は秋へと向かってゆきます。


残暑はまだまだ続くのですが、京都の人たちはこうして季節ごとに行われる行事とともに日本の四季を感じてゆきます。


気候の変化で感じる「春夏秋冬」も良いのですが、それとはまた違った「季節のうつりかわり」を
古くからおこなわれている伝統行事によって感じることができるのも京都の魅力だと思います。





京都 町家 町屋 なんでもどうぞ、by京町家案内人

☆京都のとっておきの町家体験をご案内します☆
京町家案内人 http://www.kyomachiya-concierge.com/
[PR]

<< てとてとカフェIN椛(MOMIJI) , 夏の京野菜イベント >>